Author

未分類

転職活動を行うにあたっては、始める前に、求人雑誌を見たり…

転職活動を行うとき、事前に求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりして転職候補先の会社をチェックするでしょう。ところが、その会社が情報を公開する際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが多いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。
未分類

新しい仕事を探すのに、今の会社を辞職した後でという考えを持っている人もいるようです・・

転職活動を行うのに、とにかく今の会社を退社してからという人もいますが、そういったときにはボーナスのことを事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを出す会社はたくさん存在しますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが振り込まれる日までもう少し待てば来るのであれば、その後で会社を去るという方法も得策です。
未分類

人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。

友人の紹介をキッカケにして転職先を見つける人もいます。それも悪いとはいわないけれど労働環境やまた労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミだけをあまり信用しすぎるとトラブルになることが多いです。というのも、ある特定の人による口コミ情報は性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。
未分類

自分が求職中のころ割と多くの人材紹介会社に登録していたのですが・・

かつてかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーのレベルが多種多様でたいていの場合、満足のいく対応をしてくれない担当者ばかりでした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと熱心に向かい合ってほしいという考えが募って、それが発端となりキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。
未分類

最初に転職をするのであれば、頭に入れておかなければいけない…

最初に転職をするのであれば、気を付けるべきことは仕事を変える理由を明確にしておくことです。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておいた方がいいでしょう。そして問題を解決できるであろう会社を決定してみましょう。社会人の転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を勤めながら就職活動を行っていく必要があるため、時間と体力が必要でしょう。
未分類

今の自らの仕事や勤め先に関して、不満に思っていることの中に・・

今現在のあなたの職場や業務内容に対して、不満に思っていることの中に、「自分の持っているスキル・能力が真摯に評価してくれない」したがって、「報酬はアップしないし、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、本人が自分自身の持っている才能を実際よりも「過大評価」していることが多かったりします。
未分類

失業した人が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが・・

失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、この給付には「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、これを知らずに期間の制限ががないと思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦りながら転職活動をしても好条件のところを見つけるのは困難です。
未分類

転職の採用面接に転職したい会社へ赴きました。

転職における採用面接に希望先の会社へ伺ったときのことです。偶然社内の会議室が空きがないということで社外のある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接をし、その場で解散ということになり、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも自宅からの最寄駅が一緒。
未分類

一昨日転職活動の一環として人材会社に登録に行きました。

先週転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングの際に出てきた担当者の雰囲気が見たところ若い社員のようで、私の説明の5割も彼は理解していないように思えました。にもかかわらず「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが必要でしょう」とか、経験豊富なベテランのように横柄に言い散らかすのですごく不愉快でした。
未分類

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえるでしょう。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠となります。大半の会社が履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの書類が重要アイテムです。ただ穴を埋めるだけにとどまらす、内容を魅力的なものにすることが大切です。
タイトルとURLをコピーしました