Author

未分類

転職における採用面接にある会社に出向きました。

転職における面接に転職したい会社へ赴きました。その日に限って会社にある会議室が空いていないということで会社の外で面接担当者と待ち合わせて採用面接が行われ、当該会場で解散し、面接担当者もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、奇遇にも下りる駅が私と同じだったのです。
未分類

一昨日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に出向きました。

3日ほど前転職のために人材会社へ登録に行きました。そこで登録カウンセリングの際に出てきた担当者が見た感じ新入社員じゃないかと思う人で、私が説明していることの5割も理解できていない様子です。さらに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと強みを明確にしていくべきでしょう」等、知ったかぶりに横柄に言うのですっごく不快でした。
未分類

転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。

転職活動では、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。多数の会社は履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を考慮した上で面接するかどうかを判断するため、なによりもこの2枚の書類が大事なポイントです。単に記入するだけにとどまらず、記載内容の充実を図ることも必要です。
未分類

転職をする際は、はじめに、公式ウェブサイト、求人票、パンフレットな…

転職する場合は、予め、求人票やパンフレット、WEBサイトなどで働きたい会社について調査するはずです。その会社が情報を公表する際には、コンサルタントから指導を受けている可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。仮に公開したとしても差しさわりのない表現をします。
未分類

新しい仕事を探すのに、まず勤務中の会社を辞職してか・・

職を変える際に、とにかく今の会社を退社してからと考える方もいますが、そういった場合次のボーナスがいつ入るのかを事前に確認しておきましょう。ボーナス支給がある企業は山ほど存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスをゲットできる時がもうちょっとならば、その日を待ってから退職届を提出するという方法も得策です。
未分類

友人・知人による紹介で転職する先を見つける人もいます。

人の紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。ですが、転職した先の労働環境やその他の労働条件に関する情報について、知っている人の口コミを鵜呑みに判断してしまうと問題になるおそれがあります。というのは一人の個人の口コミというのはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。
未分類

自らが求職中のころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

私が求職中のころ何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、転職アドバイザーの質においても本当に多種多様で大方はいまいちな人ばっかり。こちら側は人生かかっているのにもっと真剣に向かい合ってほしいという気持ちがこみ上げました。それがきっかけとなり私はキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。
未分類

人生で初めて転職を行う際、注意すべきことはどうして現在の仕事を去らなければいけないの・・

生まれてはじめて転職を行う際、頭に入れておくべきなのはどうして現職を辞めなければいけないのかを明確にしておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておく必要があります。そして問題を改善してくれそうな企業を決定していくのです。
未分類

今の自身の職場や業務について不服に思っていることの中に・・

今の自身の仕事や勤め先に関して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分のスキルや能力を誠実に評価してもらえない」ゆえに、「報酬は上がらないし、将来的な昇格も期待できない」といった不満が多いように感じられます。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分の本来の才能を実際よりも過剰評価していることが少なくありません。
未分類

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが…

失業者に給付される失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。離職時までに勤務していた期間に応じて違い、3ヶ月とか1年と決められるのですが、驚くことにこういった現実を知らない人が一定数います。永久にもらえるものと勘違いして失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき大急ぎで仕事探しを開始しても条件のよいところを探すのは難しいです。
タイトルとURLをコピーしました