Author

未分類

友人や知人の紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

友人・知人による紹介で転職先を探すこともあるでしょう。でも、転職の先の労働環境やそれから労働条件に関する情報について、友人の口コミをあんまり信じすぎてしまうのは、あまりトラブルになることが多いです。口コミの中でもそういう口コミ情報は性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。
未分類

自分が求職中のころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。

キャリアップしたいと思いいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、転職のアドバイザーのレベルも本当に様々あって大抵はいまいちなアドバイザーでした。こちら側は人生かかっているのにもっと真摯に向かい合ってほしいという考えが募って、その事がきっかけでキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。
未分類

最初に転職をする際、注意すべきことはなぜ現在の仕事を去るのかについて…

生まれてはじめて転職を行う際、頭に入れておかなければいけないのはどうして今の仕事を辞めなければいけないのかをクリアにしておく必要があります。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが賢明でしょう。そして問題を改善できる会社を選択してみてください。転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を続けながら転職活動を続けるので、時間と体力とが必要だと考えられます。
未分類

今現在のあなたの職場や業務内容について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

現在の職場や業務に対する少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキル・能力が正当に評価されていない」さらに、「月給は上がらず、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満を挙げる人が少なくありません。とはいうものの、そういった不満を持っている人の中には、自分自身の持っている才能を実際よりも「過大評価」しているケースが少なくありません。
未分類

失業者が受け取れる失業保険は、失業状態でなければもらえません・・

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業中でない人はもらえませんが、「期間」が定められています。離職時までに勤務していた期間によって変わり、90日とか120日とか決められるのですが中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから急いで就職先を探してもロクなことにならない可能性が高いです。
未分類

転職時の採用面接にとある会社に伺いました。

転職における採用面接に転職したい会社へ伺いました。たまたま会社内の面接ができる部屋が空いていないというわけで外部の場所で面接官と待ち合わせて採用面接をして、その場で解散をして、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、ところが自宅最寄駅が私と同じ。なので電車の中においても面接官とずっと話をしながら帰ることとなって、緊張がほぐれ面接の時よりも話が弾み、それが原因か最終的に採用を獲得することができました。
未分類

昨日転職のために人材バンクへ登録に向かいました。

数日前転職先の会社を探すために人材会社に登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に現れた担当者の雰囲気が見たところ大学卒業後まもない社員のようで、こちら側が説明していることの5割ほども理解ができていない感じ。さらに悪いことに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが重要でしょう」とか、わかったように偉そうに言い散らかすからとっても不快でした。
未分類

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必須だとされています。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須です。企業のほとんどは履歴書及び職務経歴書の記載内容を見て面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が大切になってきます。単に文字を書くだけにとどまらず、記載内容を充実させることも重要です。「職務経歴書」では、過去の職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。
未分類

転職活動をするいあたっては、最初に、ウェブ上の求人サイトを見たりし・・

転職活動をするとき、始める前に、ハローワークの求人票を見たりして気になる会社を調査するとは思います。しかし、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。そして、不都合な内容を公表する場合は、遠回しな表現を好みます。
未分類

転職活動を行う際に、まず今働いているところを辞めてから…

転職活動をスタートする際、まず今勤務している会社を辞職した後で転職しようと考える人もいますが、そのような場合にはボーナスをもらえる日について見積もっておきましょう。ボーナス支給がある企業はたくさん存在しますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが支給される日がもう少しのときには、それから退職するという手も賢い方法です。
タイトルとURLをコピーしました