Author

未分類

転職のための採用面接に希望先の会社へ赴いたときのことです…

転職したい会社の採用面接にとある会社に向かいました。会社内の面接をする部屋が空きがないとのことで外の場所で面接官と待ち合わせで面接が行われ、その場で解散ということになり、面接担当者もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が私と一緒。なので電車内においても彼とずっと世間話をしながらいっしょに帰ることになって、その結果緊張が解けて面接より話が弾んで、それが良かったのか幸運にも採用をゲットすることができました。
未分類

先日人材会社に登録に行きました。

新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社に登録に向かいました。登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気がどうも学生と見間違うほどの若い社員で、私が説明していることの半分ほども理解ができていない様子です。さらに悪いことに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくことが必要でしょう」とか、一人前のことを偉そうに言うので大変嫌な気持ちになりました。
未分類

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。

転職活動では、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。ほとんどの会社が履歴書だけでなく職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを判断するため、とにかくこの2枚の書類が大切なポイントです。ただ必要事項を埋めるだけにとどまらず、内容を充実させることが重要です。
未分類

転職活動をするとき、予め、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たり・・

転職活動をするいあたっては、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして興味のある会社を調べるはずです。ところが、その会社が情報を公表する際には、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。
未分類

転職活動を行うのに、まずは会社を辞めた後でとする人たちもいますが、…

転職活動を行うときに、まず今の会社を辞めてからと思っている人もいるようですが、そうならばボーナスの支給日を事前に確認しておくのが無難です。ボーナスのある会社は山ほど存在しますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが振り込まれる時がもうちょっとならば、その日の後で辞職するというのも賢明な方法です。
未分類

友人からの紹介を通じて転職先を見付ける人がいます。

知っている人の紹介をキッカケにして転職する先を探す人もいるでしょう。それはいいけれど転職した先の労働環境やそれから労働条件といったポイントを紹介者からの口コミだけを判断するのは後々トラブルになるおそれがあります。言うまでもなく、そういう口コミ情報は主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。
未分類

自らが勤め口を探していたころ割と多くの人材紹介会社に登録していたのですが、…

自分が求職中のころ何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質が本当に様々あって大体の場合、適当な対応をするアドバイザーばかり。私にとっては、とても大切なことなのにもっと真剣に臨んでほしいという考えがこみあげていてその事がきっかけとなってキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。
未分類

初めて転職を行うとき、現在の仕事をやめたい理由をハッキリしておかなくてはいけません。

人生初の転職を試みる際は、重要なのは「現在の仕事を辞めたい理由」を明確にしておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、やっておくのが無難でしょう。そして問題改善が可能な会社を選択することとなります。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を続けながら転職活動をしていくため、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。
未分類

今の自身の職場や仕事内容に対して、何かしらの不満があるはずです。

現在の自身の勤め先や仕事に対する不服に思っていることの中に、「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正当に評価されていない」さらに、「年収は上がらず、将来昇進する見込みもない」といった不満が多くを占めると思います。しかしながら、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分の才能を過剰評価していないか、改めて確認する必要があります。
未分類

失業した人がもらえる失業保険は、失業中でない人はもらえません…

失業時の助けになる「失業保険」は、失業状態でなければもらえませんが、給付される期間が定められています。離職時までに働いていた期間によって変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。永久にもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき大急ぎで転職活動を始めても条件のよい仕事を探すのは困難です。
タイトルとURLをコピーしました