新しい職場で、これまでに培われてきた実力を最大限に活用できれば、…

新しい職場で、これまでに身に付けた資格やキャリアを活かせられれ・・

新しい仕事で、これまでに培ってきた資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として一目置かれ早々に仕事場で存在感を得られるでしょう。また雇い主としてもそういった人材は常に欲しがるものですから、時期さえあえば、難なく事が運ぶでしょう。加えてかつての職場と似た業種であれば見込みは十分にあります。かと言って、なかなかの実力があるといっても一流企業の事務職、公務員といったジャンルは、今も昔も中々の難関となることを覚悟しておきましょう。

転職における採用面接に訪ねました。

転職のための面接を受けに伺ったときのことです。たまたまその会社の部屋が空いておらず会社外部で面接官と待ち合わせをして採用面接をして、その場所で解散をして、面接官もそのまま直接帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と同じ。なので電車内においても面接官とずっと会話をしながら帰宅することになって、結果として打ち解けて面接しているよりも話が弾み、それが奏功したのか問題なく採用も勝ち取りました。

20代前半で転職を2回した為、現在は資格取得の勉強をしながら…

私はこれまでに20代で転職を2回した為、今現在は複数の資格をとるために、派遣社員になりました。フルタイムの勤務とは異なるため、手取りは以前よりも少ないです。以前より心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、資格を活かしている人を見ると羨ましく感じます。昔は、成功している人と自分とのギャップに悩みだったのですが、今では結婚をキッカケに私の生活環境も大きく変化し、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので楽しい毎日を過ごしています。

これから転職予定がある人で、次までの仕事に期間がある・・

今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、できれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当はあなたが勤めている所属する会社が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、場合よっては会社都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。このとき、支給される「失業手当」の金額については、会社で最後となる勤務月の直近の給料を基に計算するので「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人のほかに、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと思えるような連絡があった場合は、そのような心当たりを考えましょう。ここ最近は、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を請求する業者もありますが、その手の輩は確実に詐欺なので、騙されないようにしましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が払う必要はありません。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました